お知らせ・ブログNEWS & BLOG

鮮魚だより

さわらについて

冬場は、海水温が下がるので、一般的に魚の身がしまり、脂ものってきます。そうした魚はよく「寒~」と呼ばれて重宝されます。「寒ブリ」「寒サバ」などですね。今回は「寒サワラ」を紹介したいと思います。

 

「鰆」(魚へんに春)と書きますが、おいしいのはやっぱり冬。脂ののりが違います。ただし、活動量が減るためか、漁獲量も少なくなるのが残念です。

 

さわらは、身質が柔らかく、たいへん鮮度の落ちやすい魚ですが、とれたてのものは、刺身や、昆布締めにしてどうぞ。

もちろん、塩焼き、西京焼き、照り焼き、竜田揚げ、煮付け、蒸し魚など、料理法は様々。冷めても身がかたくならないので、お弁当のおかずにも最適です。

HELPの鮮魚コーナーでも1、2を争う人気商品ですよ。