お知らせ・ブログNEWS & BLOG

日記

学習会

先日、『3.11後の食の安全』というテーマの学習会に出席しました。


その会で、お子さん2人を連れて福島から京都に非難されている方の話を聞くことができました。目に見えない恐怖からどんな気持ちで逃げてこられたのか、メディアからの情報とはまったく違い胸がつまる思いで聞きました。

話の中で、震災瓦礫のことにふれられ、汚染されている可能性のあるものを、日本国中に拡散させないで欲しいと強く語られていました。決死の覚悟で汚染から逃げてこられ、直接的な放射線の影響を考えなくてもいい土地にやっとたどり着いた、そんな必死の声だと思います。

京都市もそうですが、各地で震災瓦礫の大量受け入れと焼却をうちだしています。この事を、同じ国民として災害を分かち合うために当然とする世論(風潮)があります。私もその世論に流されて、深く考えることはありませんでした。この方の声が、全被災者の統一された声では当然ありません、しかしながら今一度考えなければならないと強く思わされる重い声でした。