お知らせ・ブログNEWS & BLOG

農産だより

無農薬と有機栽培

さて無農薬というものに対して少し理解が深まってきたと思いますので、

「無農薬栽培」と「有機栽培」の違いについてご説明したいと思います。

まずおさらいです!!

「有機栽培」とは、農水省が定めるJAS法の中の有機JAS規格に則り、第三者機関によって認可された圃場で栽培された作物の事です。

「無農薬栽培」とは、地方自治体が定める「特別栽培農産物」に属し、栽培期間中に節減対象農薬を使用せずに栽培された作物の事です。

さてこの2つどう違うのでしょうか??

大きな違いは、2つあります。

1つは、【認可する第三者機関が、指定されているか、いないか。】

もう1つは、【認証の対象が、圃場(畑・田んぼ)か、作物か。】

の違いです。


「有機栽培」に関しては農水大臣から認可された第三者機関が厳しく審査します。

「無農薬栽培」に関しては、栽培責任者・確認責任者と言うことであれば、特に規定はされていません。

要するに「無農薬栽培」に関しては、悪く考えれば、内部の人間が責任者として書類を書けば、ごまかしが可能ということです。

これだと、「無農薬栽培」と言うのは信憑性が薄いようになってしまいますが、そうではありません。

ここで重要なのが、「無農薬野菜」を取り扱っている業者がいかに信頼出来るか。です!!

消費者は、直接生産者に確認を取ることはなかなか出来ません。

だからいかに、取扱い業者が生産者とコミュニケーションがとれているか、管理出来ているか、が大事になるのです。

HELPグループは、嘘などつかない信頼出来る生産者を選んでいるのはもちろんの事、

栽培確認は書面だけでなく、定期的に直接産地へ足を運ぶことにより、ごまかしの効かない関係を作ることを心がけています。


もう一つの違いですが、

「有機認証」は圃場に対して与えられる認証で、その圃場に対して二年以上にわたり農薬・化学肥料の履歴が問われます。

それに対して、「無農薬栽培」は、作物に対しての認証なので、対象作物の栽培期間中だけの履歴が問われることになります。


例えば、夏場に果菜類を農薬を使用して作っていて、同じ圃場で果菜終了後、農薬を使わず葉物を作った場合、「有機栽培」の認証は得られませんが、「農薬不使用(無農薬)」とは言えるのです。

またまた、こういう書き方をすれば、「無農薬栽培」のイメージが悪くなってしまいそうですが、そうではありません。

あくまでも理論上はそういう事も可能だというだけの話です。

実際、無農薬栽培をされている農家さんをたくさん見てきましたが、そういう農家さんはちゃんと理由を持ち農薬を使わない生産者さんばかりです。

以前は農薬を使っていたが、体調が悪くなったので農薬を使わなくなった!!とか、自分の子どもにも安心して食べさせれる様な野菜を作りたい!!とか理由は様々ですが、「農薬は使わない」と決めておられる方が多いです。

さらにこういう理念から、節減対象でない農薬すら使わない生産者さんが多いのも確かです。

なので結局のところ、「無農薬栽培」も2年以上農薬を使っていない生産者さんがほとんどなのです。



まとめますと、

「有機栽培」と「無農薬栽培」の違いについては、制度的な違いはあるものの、どちらが良いとは一概には言えないという事になります。

やはりどちらともの制度や実情を把握したうえで、選んで消費するというのが理想なんだと思います。

続く...