お知らせ・ブログNEWS & BLOG

日記

キヨマサニンジン。

 

キヨマサニンジン。(12/17〆切分)
セロリってお好きですか? パクチーと共に、意見が真っ二つになる代表的な野菜ですよね。私は正直、どちらもあまり好きではありません。
先日テレビで、パクチー好きとパクチー嫌いの割合を街頭アンケートで調査しているところを見ました。結果は好きな方が48%、嫌いな方が52%。100人程度の小さな規模のアンケートでしたが、恐らく規模を大きくしても似たような結果になるでしょう。そしてセロリのアンケートを取っても、同じような結果でしょう。
現在一般的に流通しているセロリは、産地によって旬が違います。夏から秋は長野産、冬から春は静岡産が多いそうですが、一年中流通しています。
ただ、基本的には涼しい気候を好む植物で、旬は冬なんだとか。
そして現在出回っているセロリは「中間種」と呼ばれる品種で、昭和50年代に一般的になったものです。
セロリが日本へやってきたのは16世紀と言われています。
豊臣秀吉の朝鮮出兵の際、加藤清正が朝鮮半島から「東洋種」という、東洋在来種のセロリを持ち帰ったという説があり、「清正にんじん」とも呼ばれたそうです。
歴史好きでない人間からすると、加藤清正と言えば虎退治しか出てきませんけれど、そんな逸話もあるんですね。
江戸時代になるとオランダ船によって「西洋種」が入って来て、「オランダミツバ」と呼ばれました。明治になり栽培にも着手したようですが、香りが強すぎて受け入れられなかったのだとか。
セロリが一般的になったのは、第二次世界大戦後です。食生活の洋風化に伴い消費量が増加し、品種改良により誕生した中間種の登場によって、更に一般的になりました。
また、近年の健康志向の高まりにより、野菜ジュースに使われたりして、ますます消費されているそうです。
そうして一般的になり、セロリの香りが受け入れられ始めたことで、最近ではセロリ本来の香りを戻しつつある傾向だとか。
セロリの香りが苦手な人からすると信じられないような話ですが、でも嫌いな人は結局食べませんよね。
旬のお勧め、と思ったのですが、私もあんまり食べないからなあ。
お好きな方は、是非。

セロリってお好きですか? パクチーと共に、意見が真っ二つになる代表的な野菜ですよね。私は正直、どちらもあまり好きではありません。

先日テレビで、パクチー好きとパクチー嫌いの割合を街頭アンケートで調査しているところを見ました。結果は好きな方が48%、嫌いな方が52%。100人程度の小さな規模のアンケートでしたが、恐らく規模を大きくしても似たような結果になるでしょう。そしてセロリのアンケートを取っても、同じような結果でしょう。

 

現在一般的に流通しているセロリは、産地によって旬が違います。夏から秋は長野産、冬から春は静岡産が多いそうですが、一年中流通しています。

ただ、基本的には涼しい気候を好む植物で、旬は冬なんだとか。

そして現在出回っているセロリは「中間種」と呼ばれる品種で、昭和50年代に一般的になったものです。

 

セロリが日本へやってきたのは16世紀と言われています。

豊臣秀吉の朝鮮出兵の際、加藤清正が朝鮮半島から「東洋種」という、東洋在来種のセロリを持ち帰ったという説があり、「清正にんじん」とも呼ばれたそうです。

歴史好きでない人間からすると、加藤清正と言えば虎退治しか出てきませんけれど、そんな逸話もあるんですね。

江戸時代になるとオランダ船によって「西洋種」が入って来て、「オランダミツバ」と呼ばれました。明治になり栽培にも着手したようですが、香りが強すぎて受け入れられなかったのだとか。

 

セロリが一般的になったのは、第二次世界大戦後です。食生活の洋風化に伴い消費量が増加し、品種改良により誕生した中間種の登場によって、更に一般的になりました。

また、近年の健康志向の高まりにより、野菜ジュースに使われたりして、ますます消費されているそうです。

そうして一般的になり、セロリの香りが受け入れられ始めたことで、最近ではセロリ本来の香りを戻しつつある傾向だとか。

セロリの香りが苦手な人からすると信じられないような話ですが、でも嫌いな人は結局食べませんよね。

旬のお勧め、と思ったのですが、私もあんまり食べないからなあ。

お好きな方は、是非。