お知らせ・ブログNEWS & BLOG

日記

冬の七種。

 

「冬の七種」、ご存知ですか? 私は最近知りましたが、「七草」ならぬ「七種」、あるそうなんです。
冬の七種は冬至に食べる物を七種類揃えたものです。
冬至は一年で一番日が短い日。翌日からは日も長くなるということで、運もまたこの日を境に再び上昇すると考える「一陽来復」という考え方が東洋にはあります。日本では「ん=運」が二つ重なる食材を食べて、運を上昇させようとする「運盛り(うんもり)」と呼ばれる縁起担ぎの風習があるのだとか。
そこで「冬の七種」が運盛りの食材として取り入れられるようになりました。
「南瓜(ナンキン)」「人参(ニンジン)」「蓮根(レンコン)」「銀杏(ギンナン)」「金柑(キンカン)」「寒天(カンテン)」「饂飩(ウンドン=うどん)」の七種類です。
この七種類には、冬場に適した栄養素がそれぞれ含まれており、寒い季節に食べる理由もきちんとあるのだとか。
今年の冬至は12月22日(火)です。冬の七種を食べて、温まって、冬を乗り切りましょう!

「冬の七種」、ご存知ですか? 私は最近知りましたが、「七草」ならぬ「七種」、あるそうなんです。

 

冬の七種は冬至に食べる物を七種類揃えたものです。

冬至は一年で一番日が短い日。翌日からは日も長くなるということで、運もまたこの日を境に再び上昇すると考える「一陽来復」という考え方が東洋にはあります。日本では「ん=運」が二つ重なる食材を食べて、運を上昇させようとする「運盛り(うんもり)」と呼ばれる縁起担ぎの風習があるのだとか。

 

そこで「冬の七種」が運盛りの食材として取り入れられるようになりました。

「南瓜(ナンキン)」「人参(ニンジン)」「蓮根(レンコン)」「銀杏(ギンナン)」「金柑(キンカン)」「寒天(カンテン)」「饂飩(ウンドン=うどん)」の七種類です。

 

この七種類には、冬場に適した栄養素がそれぞれ含まれており、寒い季節に食べる理由もきちんとあるのだとか。

今年の冬至は12月22日(火)です。冬の七種を食べて、温まって、冬を乗り切りましょう!