お知らせ・ブログNEWS & BLOG

農産だより

お野菜の生産者のご紹介

 

今まで持ってきてくださったお野菜が、
ごぼう、大根、人参、玉ねぎ(ペコロス)、メークイン、ゆり根、さつま芋、赤目芋、かぶら、にんにく、新生姜、
みょうが、菊菜、大根葉、人参葉、かぶ菜、ケール、春キャベツ、バジル、かぼちゃ、ピーマン、オクラ、
ズッキーニ(朝鮮かぼちゃ)、胡瓜、モロッコインゲン、枝豆(黒色)赤実エンドウ等です。
珍しいものや変わった品種も多く、初めて目にする野菜などもありましたが、
どれも味は最高級の逸品ではないかと個人的には思っております。
また、採れたての山の幸も、朝採ってその日のうちに納品してくださるので鮮度がすごく新鮮です‼
山ぶき、実山椒、タラの芽、わらび、木の芽や黄梅等どれも自然豊かな美山の山のものを河内さんが
厳選して持ってきてくださります。
最近は、野菜の苗もかなりの品種を持ってきてくださり、
バジル、ミニトマト、かぼちゃ、キャベツ、ズッキーニ、レモンバーム、大葉、ゴーヤ、綿花、落花生等です。
河内さん曰く、茅葺きにしたたる雨がたまるのですが、そこにばっかり蚊が卵を産むのですが、
おそらくそこには生命が生きて行く為の何か仕組みがあり、栄養となるバクテリアか何かが繁殖しており、
そこで苗を育てたところやはり素晴らしい苗ができたとのことです。生命の神秘だとおっしゃられておりました。(笑)
河内さんの畑の素晴らしい土もこんもりポットに入ってます。これだけで価値があります。
河内さんは本当に面白い方で、いつも自然の摂理について河内さん論を熱く語ってくださいます。
河内さんは本気で現代文明、現代テクノロジーに立ち向かって農業されている方であり、その一言一言には説得力があります。
耕運機も使うのをやめられ、すべてを人力で一人でやられてますので、年々体力が落ち収穫量が落ちているとのことです。
一人でされているなんてすごく大変ではないかと心配しています。
いつも何も変わったことはしておらず、水さえやらないとおっしゃられているので、この前、じゃあどのように農業されているのですか
と聞いたところ、まず育てているものにとって邪魔なものを取り除いてやって、その野菜をその場所で一番の存在になれるように
手助けしてやれば、虫もその存在を認め、ほとんどの虫は手は出さず、一部の分かっていない虫だけを取り除くとおっしゃられておりました。
すごいですね…。
河内さんの野菜は葉や花の全てが全身で太陽のエネルギーを吸収しようと、最後まで太陽の方を向き続けるらしいらしいです。
その生命力のすごいこと、だから河内さんの野菜は本当に自然の味がするんですね。
本当にすべてを自然のままに育て、自然とともに暮らされている河内さん。
そんな河内さんのお野菜は、毎回、採れたものを持ってこられるので何が来るか来てみないと分かりません。
また農薬を使っていないので本当に旬なものしか作れず、その出荷時期も短く、収穫量も少ない為、店頭には一瞬しか並びません。
もし店頭で見かけたら、迷わずどうぞ‼ 次には買えないかもです…
今回はそんな美山の河内さんのご紹介でした。

皆様お元気でお過ごしでしょうか?

 

8月に入り気温も一気に上昇し、いきなり真夏になりました。

 

猛暑が続き、日中に店舗とバックヤードを行き来していると道路上で倒れそうになります。

 

皆様、水分補給をしっかりして体調管理にはくれぐれもお気を付けください。

 

さて今回は、美山の河内さんの事をご紹介したいと思います。

 

美山で自然農法でお野菜を作られている生産者さんで、その品目は少量ですが多岐にわたり、

 

今まで持ってきてくださったお野菜が、

 

ごぼう、大根、人参、玉ねぎ(ペコロス)、メークイン、ゆり根、さつま芋、赤目芋、かぶら、にんにく、新生姜、

 

みょうが、菊菜、大根葉、人参葉、かぶ菜、ケール、春キャベツ、バジル、かぼちゃ、ピーマン、オクラ、

 

ズッキーニ(朝鮮かぼちゃ)、胡瓜、モロッコインゲン、枝豆(黒色)赤実エンドウ等です。

 

珍しいものや変わった品種も多く、初めて目にする野菜などもありましたが、

どれも味は最高級の逸品ではないかと個人的には思っております。

 

また、採れたての山の幸も、朝採ってその日のうちに納品してくださるので鮮度がすごく新鮮です‼

 

山ぶき、実山椒、タラの芽、わらび、木の芽や黄梅等どれも自然豊かな美山の山のものを河内さんが

 

厳選して持ってきてくださります。

 

最近は、野菜の苗もかなりの品種を持ってきてくださり、

 

バジル、ミニトマト、かぼちゃ、キャベツ、ズッキーニ、レモンバーム、大葉、ゴーヤ、綿花、落花生等です。

 

河内さん曰く、茅葺きにしたたる雨がたまるのですが、そこにばっかり蚊が卵を産むのですが、

 

おそらくそこには生命が生きて行く為の何か仕組みがあり、栄養となるバクテリアか何かが繁殖しており、

 

そこで苗を育てたところやはり素晴らしい苗ができたとのことです。生命の神秘だとおっしゃられておりました。(笑)

 

河内さんの畑の素晴らしい土もこんもりポットに入ってます。これだけで価値があります。

 

河内さんは本当に面白い方で、いつも自然の摂理について河内さん論を熱く語ってくださいます。

 

河内さんは本気で現代文明、現代テクノロジーに立ち向かって農業されている方であり、その一言一言には説得力があります。

 

耕運機も使うのをやめられ、すべてを人力で一人でやられてますので、年々体力が落ち収穫量が落ちているとのことです。

 

一人でされているなんてすごく大変ではないかと心配しています。

 

いつも何も変わったことはしておらず、水さえやらないとおっしゃられているので、この前、じゃあどのように農業されているのですか

 

と聞いたところ、まず育てているものにとって邪魔なものを取り除いてやって、その野菜をその場所で一番の存在になれるように

 

手助けしてやれば、虫もその存在を認め、ほとんどの虫は手は出さず、一部の分かっていない虫だけを取り除くとおっしゃられておりました。

 

すごいですね…。