お知らせ・ブログNEWS & BLOG

日記

季節病と気象病

梅雨後半戦、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
私は正直、一番苦手な時期でして身体が重く気分も落ち込み、
一回一回の呼吸することさえおっくうになります。


170701_H_ブログ_武内(写真1).jpg

一息つくときのヘルプデリバリーセンターから比叡山を拝む景色もこの時期独特の重たさ


梅雨時には、気象や時期的な要素が複雑に絡み合って心身に
さまざまな影響が出てきますので、原因のひとつを紹介したいと思います。


「季節病と気象病」

季節病は季節それぞれの気圧や気温によって起こる不調であり、年中起こり得るもの。
比べて気象病は気圧の変化によって人体へ影響がでてくるもの。
梅雨などの気圧が大きく変化する時期に多く起こります。


ではこの「病気」をのりきるにはどうすればいいのでしょうか。


  規則正しい生活リズム

  ストレスを溜めない

  十分な睡眠

  適度な運動

  自律神経を整える入浴

  正しい食生活


まったく生活習慣病の予防と一緒です。
つまりは陰と陽、浮き沈みのリズムを整えることにつながってます。

この身体と気持ちの重くなる時期は特に少量の質の良い食品を
食べていただくことをおすすめします。
また日常で使われております洗濯洗剤などの洗剤類や
トイレタリーを一新することで気分が劇的に変化することもあります。

ちょっといつもと違う商品に挑戦したいと思ったときはどうぞ気軽にご相談ください。

今後も皆さまの健康ライフの一助ができますように努めてまいります。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。