お知らせ・ブログNEWS & BLOG

日記

土用餅。

もうすぐ夏の土用入りを迎えます。今年は7月19日です。
土用と言うと夏を思い浮かべる方も多いと思いますが、実は各季節にあります。陰陽五行説で、春・夏・秋・冬をそれぞれ木・火・金・水とし、土を各季節の終わりの18日間に当てはめたことから、立春、立夏、立秋、立冬の前18日間を土用と言います。次の季節へ移る前の調整期間と言ったところでしょうか。
ただ現在土用と言えば、一般的には立秋前の18日間の夏土用を指しますね。この期間を暑中と呼び、暑中見舞いを出す時期でもあります。
ますます暑さが厳しくなる頃、乗り切るために「食い養生」いたしましょう!

夏の土用は、丑の日にうなぎを食べることが有名です。面倒がりな私は、丼を考えた人は天才だと常々思っておりますよ。
しかし、うなぎ以外にも土用に食べると良い、とされるものがいくつかあります。お餅、しじみ、卵など。
その中で「土用餅(どようもち)」のお話を。

関西や北陸地方(特に京都・金沢)を中心に、夏の土用の入りの日にあんころ餅を食べる風習があります。それが「土用餅」です。
昔、宮中で暑気あたりをしないよう、ガガイモの葉を煮出した汁で餅米の粉を練り、丸めた餅を味噌汁に入れたものを土用入りに食べる、という風習がありました。江戸時代中頃に、餅が小豆あんで包んだあんころ餅に変わりました。お餅は力餅、小豆は厄除けに通じるため、土用餅を食べると無病息災で過ごせると言われています。

小豆に含まれているビタミンB1は糖質をエネルギーに変える作用があり、筋肉内に糖質が蓄積して疲労物質になることを防ぐ働きがあるので、疲労回復、筋肉痛、だるさ、夏バテなどに効果があるとされています。
京都ではお馴染みの、6月30日に食べる水無月にも、小豆が乗っていますものね。
美味しい小豆を食べて、暑い夏を乗り切りましょう。

余談ですが、あんころ餅は、あんこがお餅を衣の様に包んでいることから「餡衣餅(あんころももち)」と呼ばれ、それが「あんころ餅」になった、という説があります。あんこの中身が完全な餅であれば「あんころ餅」、もち米とうるち米を混ぜたものであれば「ぼたもち」「おはぎ」と区別しているようです。
ちなみに「ぼたもち」は「牡丹餅」で春、「おはぎ」は「萩」なので秋です。その他の季節はどう呼べば良いのですかね?
......インターネットで調べてみたのですが、夏は「夜船」、冬は「北窓」となるそうです。由来もそれぞれありますので、興味のある方はご確認下さい。日本語って美しいですねー。