お知らせ・ブログNEWS & BLOG

季節のおすすめ

「冬は根菜を食べましょう!!」

 皆様、お元気でお過ごしでしょうか?12月が始まりました。もうすぐクリスマス、そして年末です。
朝晩は、さすがに空気も冷たくなって寒さで手が痛いです。笑 
こういう寒いときは、暖かいお鍋やシチュー、煮物や汁物が食べたくなりますね~!!
そろそろインフルエンザの流行も懸念されますので、くれぐれもお体にお気を付けくださいませ。

 いよいよ12月に入ると、京都淀・豊農会の大根や白才、かぶら、ブロッコリー、キャベツに丹後・梅本さんの有機人参や
新しい顔ぶれの北海道・大切を囲む会の有機玉ねぎや有機ジャガイモ等、美味しい鮮度抜群の地場野菜に根菜類がどんどん出てきます。

 中でも冬は、やはり根菜類(土の中のお野菜の事です 人参やジャガイモなど)をよく使ったメニューが食卓の中心になってくるかと思います。
是非、皆様には積極的に根菜を摂取して頂きたいのですが、その理由としては、
「根菜は体を温める」という事が有ります。

 根菜は水分が少なく、栄養素としてビタミンC、Eや鉄などをはじめとするミネラルを多く含むものが多く、
ビタミンEは血行促進、ミネラルは、たんぱく質が体内で有効に働くのに必要で、たんぱく質は血液や筋肉を作る素であり、
体温を維持するのに必要不可欠です。
 また、根菜類はスープや煮物など温かくして摂取することが多いことも体を温めることに関係していると考えられています。
以上のような理由から、根菜を食べると体が温まると言われています。

 次に、代表的な根菜類の栄養素や特徴を簡単にご説明したいと思います。

 まず、人参ですが、強い抗酸化作用を持つβカロテンを多く含んでおり、皮膚や粘膜、免疫機能を正常に保ち
美肌や風邪の予防に効果があると言われています。生食よりも油で調理するとβカロテンの吸収が良くなります。

 次に、ごぼうは食物繊維を多く含んでおり、腸内環境を整え、老廃物を排出します。
美肌効果があり大腸がんを予防する効果もあります。

 里芋は、おもにでんぷん質で構成されていますが、水分が多く、カロリーは低めです。ぬめり成分のガラクタンは免疫力を高め、がん予防に効果があります。
そして、ムチンは胃腸の潰瘍を予防し、肝臓を強くしてくれます。またタンパク質の消化、吸収を助けてくれる働きもあります。

 さつま芋は、食物繊維も豊富で、りんごの10倍以上のビタミンCを含んでいることで有名ですが、その他にも輪切りにしたときに出てくる白い液体はヤラピンといい、
胃の粘膜を保護し便通を調える効果があります。加熱しても栄養素は変質しません。

 かぶらは、下のかぶの部分にビタミンCや酵素を多く含み、生食することで効果的に摂取できます。酵素のジアスターゼは消化の吸収を助けるなど、胃腸を整える効果があります。

 生姜は、辛み成分を多く含みますが、その中でもショウガオールは体を温める作用が強く、胃腸の血行をよくする働きがあり、体を内部から温めてくれます。

 そして、最後に大根ですが、大根は水分が多く、生食すると体を冷やしてしまいますが、生食の方が栄養素を余すことなく摂取できます。
特に多く含まれるビタミンCと酵素は加熱により失われやすく、生食することで効率的に摂取できます。一方、大根は加熱調理することで体を温めてくれます。
大根に含まれるアミラーゼというデンプン分解酵素は、消化を促進する作用があり、胃もたれ、胸やけ、二日酔いに効果的です。

 以上でざっと簡単に根菜類の栄養素や効果的な食事法をご説明させていただきました。
体が冷える今の時期からは、是非、効果的に根菜類を召し上がっていただき、身も心もあったかく、今年もあと残りわずかですが、この寒い冬を乗り切りましょう!!