お知らせ・ブログNEWS & BLOG

日記

紫外線との闘い

4月から本格的に強くなる恐怖の紫外線...これからの季節、肌の防衛は必須です。
紫外線にはA派・B派とあり、これがどちらもなかなかの曲者。

A派は、窓ガラスも透過して肌の奥まで入ってきます。急激な変化はないものの、
じわじわと水面下で肌に影響を及ぼし、シミやシワの原因となるという、最悪の敵です。

B派は、海で日焼け止めを塗らずに一日過ごすと、夜には全身やけどで悲鳴を上げてしまう
いわゆる日焼けです。肌表面の細胞に強いダメージを与えます。

この敵に立ち向かうためには、日傘(帽子)・サングラスなどの防衛は勿論、日焼け止めも
欠かせません。
そんな日焼け止めには「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」があります。

まず「紫外線吸収剤」は、肌に塗った日焼け止めが紫外線を吸収し、化学変化をおこして紫外線
を放出します。高い効果を持つ日焼け止めにはこちらが使われる事が多いので、レジャーには
オススメです。ジェルなど使用感も良いものも多いようです。

一方の「紫外線散乱剤」は、肌の表面で紫外線を跳ね返すもので、紫外線吸収剤より肌への
負担が少ない仕様です。
とは言え、拡散剤もまったく肌に負担が無いわけではなく、個人差もありますしメーカーでも
違います。自分に合った日焼け止めを探すことが大切ですね。

また、普段の生活で使用する時は、高い効果のものを一度塗るよりも、低い効果でもこまめに
塗りなおす方が、肌に負担をかけずに日焼け止め効果を持続するコツなんだそうです。

私も、ついつい高い効果の日焼け止めを塗りがちですが...かえって肌には負担をかけて
いるのかもしれません。めんどくさがらずに塗り直すようにしたいと思います。