お知らせ・ブログNEWS & BLOG

日記

やっぱり違う。

食卓に酢豚が出ました。我が家では良く作られるので、特に珍しい現象ではありません。
ところがです。食べたら、何故か辛いんです。何が辛いという訳でもなく、全体に辛みがあります。

私は辛いものが苦手です。食べられない、というレベルで。
作った姉に確認すると「......ピーマンなかったから、ししとう入れた」と告白されました。

とうがらしには辛い「辛味種」と、辛味の少ない「甘味種」があり、ししとうがらしはピーマンなどと同じ甘味種です。漢字では「獅子唐辛子」と書きますが、この「獅子」は、ししとうがらしの先端が獅子の口に似ていることが由来だと言われています。
時々、辛みの強いものもありますが、その原因は栽培環境や受粉の状況などによるものだそうです。見た目での判断は難しいのですが、種が少ないもの、皮の色が黒っぽい緑色のもの、形がいびつなものは辛味が強いことがあり、夏場は辛いものが増える傾向にあるようです。

そんな危険性があるししとうを、ピーマンの代わりに入れるだなんて......!
辛みの強いものがたくさんあったのか、それとも一つだけあったのかは分かりませんが、その辛みが酢豚全体に広がっているではありませんか。恐らく辛み成分が餡に溶け、全てが辛くなってしまったのだと思われます。

確かに酢豚のピーマンはあって欲しいけれど、それよりも私は辛くないものの方が良い! と言うか食べたい!
結局その酢豚を食べられなかった私は、諦めて他のものを食べました。

色が似ていようが、系統的に親戚だろうが、ししとうはピーマンの代わりになりません!
やっぱり違うんです! まず作る前に食材は確認して!
皆様、どうぞお気を付け下さい。