お知らせ・ブログNEWS & BLOG

日記

大荒れの秋

10月に入りましたが、今年の猛暑からの長雨と台風続き。
いったい、日本はどうなってしまうのでしょうか?

各地でおこる自然災害をテレビで見る毎日。本当に心が傷みます。

その自然災害の影響により、野菜の収穫量が激減しています。
冬の葉物の多くは、9月下旬から10月頃に種まきをするのですが、
台風21号からの台風24号・25号。
農家さんたち曰く「土が乾かないから種まきができない」とのこと。

雨の後に種をまくには、3日~4日の晴れなければ、土が乾かず、畑を
耕すことができません。しかし、今年は、この3日~4日の晴れが続かず、
冬の葉物の収穫にも大きな影響を及ぼしそうです。

また、特に大きな影響を及ぼしたのが台風21号。京都の生産者でいいますと、
皆様に毎年ご利用いただき大変ご好評をいただいています。淀のトマトを栽培
されています内田さんと野村さん。
この台風の被害で、内田さんのビニールハウスが全棟、野村さんのビニール
ハウスが7棟中、6棟が倒壊するといった、被害に遭われました。

他にも、亀岡の平井さんのビニールハウスも、一部、倒壊。田中真弥さんの
堆肥場の屋根が吹き飛ぶ等の被害が起こっています。

さらに、全国各地に目を向けましてもいたるところで、台風の被害で農作物
がダメになったり、今後の作付けができない状況にあります。

ですが、皆様方、一生懸命、前に進まれようとしています。

農産担当者としては、これからが踏ん張りどきだと感じています。
HELP・べじべじ倶楽部ともに、お客様がご満足いただける商品を、
一生懸命、お届けできるように頑張りますので、これからも皆様のご来店
ならびにご利用を、心からお待ちいたしております。