お知らせ・ブログNEWS & BLOG

日記

抗生物質漬けの一週間

ある日、ものすごく喉が痛くて目が覚めるという、非常に嬉しくない朝を迎えました。

引越しした家が乾燥しているので、それでかな?慌ててうがい薬に喉スプレー、のど飴いろいろ
揃えて挑みましたが、全然良くならず...観念して3日目の朝に病院へ。
喉以外は全く正常なので、喉に悪い菌がついたかな?と抗生物質を5日分もらい、戦うこと5日目。
喉の痛い症状は無くなったのに、今度は身体中が痛い。頭も痛いし、喉も痛くはないけれど、痒い。
そして、熱が出ました。これは風邪、悪くするとインフルエンザとか?

慌てて再度、病院へ。インフルエンザでは無かったものの、今度は更に強い抗生物質のお世話になることに。

この抗生物質ですが、菌には効きますが、ウィルスには効かないのだそうです。
菌もウィルスも身体にとっては害をなす侵入者。
その侵入者に対して、自己免疫が除去を開始する為に風邪症状が出るのですが、これがウィルスの場合は
菌では無いので、抗生物質は効かないそう。抗生物質も万能薬な訳ではないんですねー。

ちなみに風邪症状の犯人は大半がウィルスとか。
ただ、風邪から拗らせた感染症など、やっかいな病気に移行した場合は抗生物質が有効です。
私の場合は、抗生物質を飲んだ翌日夕方には症状が治まったので、菌だったかな?といった感じです。

風邪(ウィルス)に一番有効なのは、自分の身体内で戦闘真っ只中の免疫をバックアップすること。
温かくて美味しいものを食べて、ゆっくり休む。これが一番の薬ですね。