お知らせ・ブログNEWS & BLOG

日記

マニアックな赤身

昨今は牛肉の赤身ブームが続いています。
もともとは関東からの流れらしいのですが、
いまや牛肉文化の関西でも赤身人気が強いですね。

「赤身」と一言に言ってもいろいろあります。
モモ(後ろ足)、ウデ(前足)、ホルモンに分類されるハラミなんかが、
ヘルシーな赤身の代表格です。

モモの中でもやはり個人的には牛の臀部、ランプが特におすすめです。
特にラムシン、ランプの中心部の一番柔らかいところは
赤身の旨みが最高に凝縮された、まさに通好みの部位です。

ウデでは柔らかく牛の甘みが強いミスジが有名で人気ですが、
個人的にはミスジの横にあるクリミと呼ばれるウデの希少部位がおすすめ。
ローストビーフにすると最高ですし、ステーキでも旨みが濃厚です。
ウデなら今はだめですが、元々ユッケに最適なトウガラシという部位も、
ウデの旨みが特によく感じられるおすすめ部位です。
こちらもローストビーフにすると最高の部位です。
ウデは肉質がしっとりとしていて血の気が少なく、肉の旨みが強いので、
全体的にいろんな料理に相性がいい部位です。

ヘルプ精肉部ではおなじみのモモの希少部位2トップ、
ヒウチ・マルシンはもちろんおすすめです。

店頭で気になる部位があればぜひ、精肉スタッフに尋ねてみてください。
その日おすすめの部位と最適な調理法をご紹介いたします。