お知らせ・ブログNEWS & BLOG

商品情報

砂丘らっきょう®

毎年おいしいと大好評の「新物砂丘らっきょう甘酢漬」が
HELPには8月のお盆明けに入荷します!
メーカーさんのご厚意で今回、収穫と加工を見学させていただきました

個人的に初めて体験する日本海と日本の砂漠を楽しみにおもっていました
京都と鳥取を結ぶ列車は「スーパーはくと」
なんか快適だなぁ~と思っていたら同行していた方が
ディーゼル車であることを教えてくれました
電磁波感がなく素晴らしい。快適な移動ができました

気持ちよく出迎えてくれたのは今回のご案内役
鳥取いなば農業共同組合福部支部
らっきょう加工センター 岡垣センター長

190607_H_ブログ_武内(画像1).jpg

歴史的背景や苦労話などお伺いしました
去年は大不作で今年は豊作であり、特にL玉が多いとのこと
甘酢漬けも質のいいものが出来上がりそうです

190607_H_ブログ_武内(画像2).jpg

まず観光名所であるメディアでよく見る鳥取砂丘に到着
実際に体験しますとスケールの大きさに圧倒されました

190607_H_ブログ_武内(画像3縮小).jpg

砂丘から車でほんの5分も走るとらっきょう畑です
鳥取砂丘は国立公園であり砂を持ち帰ると罰せられるそうです
なんとらっきょう畑の砂も罰せられます!
日本で唯一の国立公園内の畑になるそうです
車窓を開けなくても、らっきょうの匂いがすぐにしてきました

見渡す限りのらっきょう畑
今日は幸い雲一つない快晴
青空と海とらっきょう畑のコントラストが美しいです

190607_H_ブログ_武内(画像4).JPG

畑は収穫の真っ最中。農家の一番忙しい時期です
収穫用の特殊な機械を付けたトラクターがいたるところを走ってました

190607_H_ブログ_武内(画像5).JPG

らっきょう農家の一人を紹介していただきました
笑顔が素晴らしい明るい方でテレビ番組などで
畑を紹介された時も何度か出演されたそうです

190607_H_ブログ_武内(画像6).JPG

今年の砂丘らっきょう®は成育が良すぎる
L玉ばかりだとおっしゃってました
毎年1mくらい積もる雪が降らなかったこと
収穫前に雨が少なかったことが要因とのこと
大きくてよいのではと思ってしまうのですがそうでもないそう
大きすぎると収量が少なくなってしまうとのこと

砂丘らっきょう®は鳥取いなば農業共同組合福部支部の登録商標です
以前は他の産地のものに使われたことがあり、商標登録したそうです
収穫後の加工行程はまた別の機会にご案内できればと思います

通年HELPで販売している甘酢漬けはM玉で
新物の限定販売でされるものはL玉になります
砂丘らっきょう®は大きい物のほうが食味が良いそうです
この機会に限定のらっきょうをご検討してみてはいかがでしょうか

190607_H_ブログ_武内(画像7).jpg

HELPで販売する新物らっきょうの甘酢漬けは
本漬になりますので今の時季から漬け込みます
8月のお盆すぎから店頭に並ぶ予定です
数に限りがありますので店頭でみかけましたら
お早めにお買い求めください