お知らせ・ブログNEWS & BLOG

生産者日記

こころ野便り クレタさん

22歳の頃北海道から京都への徒歩の旅の途中思い描いたことは、自然と共に生きる事。
社会との接点を保ちつつ農薬や化学肥料を使わない農業を生業とする事で33年たった。
今何とかその思いを形にしたつもりでいるが社会的インパクトを与えるにはあまりにも小さかった。

しかし17歳の少女クレタさんの行動は、なんと力強い事か。
有機農業への思いを父に打ち明けた時の猛烈な反対に若かった私は、奮起した。
クレタさんの前には、はるかに巨大な反発が立ちはだかる。
それに臆する事の無い勇気はいったいどこから来るのだろう。

かけがえのない大切な自然と末永く暮らしたい。
それは、決して生活の質を落とす事ではなく高める事なのだから。

田中真弥.jpg