お知らせ・ブログNEWS & BLOG

生産者日記

こころ野便り 人参と葱

3月に入った。
新型の感染症の影響で世間は、ざわついている。
暖冬の影響でいつもと違う感覚に農家の心もざわついている。

でも3月に入ればいつもの様に人参と葱の種を播く。
人参は、6月の収穫を見込む。
でも本当は、6月の人参の出来はあまり良くない。
気温も高く雨も降る虫にも食われるし収穫期間も短い。
でもこの時期だけ自家製の玉ねぎとジャガイモと人参とが揃う。
自家製食材のカレーが、食べたいから。
秋にもチャンスは有るが秋の玉ねぎの育て方が、よく分からない。
北海道なら秋が当たり前なのだが地域差がよく分かる。
九条葱の種もまいた。
一人前の葱として収穫出来るのは、冬の始まる頃になる。

先の事はよく分からないが、種を播く。

田中真弥.jpg