お知らせ・ブログNEWS & BLOG

農産だより

今年の暖冬は本当に大変!

いよいよ3月に入り、本当の春らしさが少しずつ感じられる季節になって
きました。

ですが、今年は本来、寒くなるべき11月~2月が近年稀にみる暖冬傾向
にあったことから農作物にも大きな影響がでてしまいました。

特に顕著なのが、収穫の終了時期が、例年に比べ、2週間~4週間ほど早まって
いることです。
また、品質不良を起こしたり、生育が思うように進まないなど、各産地では
悲鳴に近い声が上がっているところもあります。

京都において、つい先日、亀岡の平井さんにお会いしたのですが、平井さんは
40年以上、農業に携わっておられますが、農業を始めてこんなに暖冬だった
年は経験したことがないとおっしゃっていました。

それほど、今年の暖冬は、異常気象だったのです。

これから、異常が正常になってしまうのか?そうなると、農作物の生育
スピードや収穫時期、栽培方法も変わってしまうのか?
農薬を使わない、化学肥料を使わない、有機農業の先行きが少し不安に感じる
今日この頃です。