お知らせ・ブログNEWS & BLOG

生産者日記

こころ野便り 狼

越年野菜の収穫を終え後片付けの終わった畑は、立春を迎えると春の種蒔きが始まる。
桜の開花を迎えるとその野菜の収穫が始まる。
3月の上旬に24節季の啓蟄を迎える。

土の中で冬眠していたカエルや虫たちが動き始めると言う時期らしいが、体感的には、まだまだ寒い。
慌てて出てきた虫たちもまた土の中に引っ込んでしまうだろうと思っていた。

しかし寒冷紗で覆っていた畝を剥いでみると収穫前の野菜の葉に小さな丸い穴が沢山空けられてしまっていた。
土からはい出した小さな虫がせっせと腹ごしらえをしていたのだ。

虫の活動期間は、確実に長くなっている。
ふと絶滅した日本オオカミが、今も居たならと考えてしまう。
ただ単純に存在したらという事ではなく「オオカミが生存できる環境を保った社会であったなら」という事だ。

田中真弥.jpg