お知らせ・ブログNEWS & BLOG

生産者日記

こころ野便り 止揚

止揚とは、矛盾する二つの理念を一つ高い次元で統一する事。
先日近くの若い農家の人が、田中さんの野菜が食べたいと作業場を訪ねてきてくれた。
その彼は、慣行農法での葱の周年栽培を大規模に手掛ける農業法人の社長だ。

有機農業に興味があり自分たちの食べる分くらいは、有機でやりたいと思っている。
田中さんの野菜と慣行農法の野菜を食べ比べてみたいということだった。
後日、慎重に言葉を選びながら感想を話してくれた。

要約すれば「僕らの野菜とは違ってね、歯ごたえがあるのに硬くない。しっかりとした味だけれど優しい味だ。」と
「誤解が無いように」と付け加えた上で、一見矛盾したことをどう表現したらいいものかと思案しながら話してくれた。

アッ!「止揚。」

予備知識のない中での彼の感想に有機野菜の本質が、言い当てられていたように思う。

田中真弥.jpg