お知らせ・ブログNEWS & BLOG

生産者日記

こころ野便り 息子

仕事が休みの息子が畑仕事を手伝いに来てくれた。
助かる。
妻が出来ない事をやってくれる。

私が、就農した時38年前になるが父は、悩んでいた様だ。
やはり農業収入の不安定さを危惧していたからだ。
時はバブル経済自宅近くの畑を郊外に移しその差額で機械や作業場を整えてくれた。

見栄えの良い九条葱を農薬を使いながら安定的に周年栽培する事で中央市場では、
高値で取引され「それなりに」上手く行ったと思う。
「それなりに」と言うのは、土地神話の後ろ盾や自分の理想とする野菜作りを封印してのという事だ。

息子も近い将来就農する事を考えている。
気候変動など有機農業は、増々難しくなると思う。
息子の事は、嬉しくも有り頼もしくも有るが父の苦悩も理解できるようになった。

田中真弥.jpg