お知らせ・ブログNEWS & BLOG

生産者日記

こころ野便り 粋と野暮

どの野菜を何時・何処にどれだけ播くかを決めるのは、とても難しい。
色々な条件が複雑に絡み合い方程式は有っても各項に入れるべき数字が定まらないので答えも出てこない。
結局経験的に例年通りとなる。

今年も例年通りの予定だが播種時期に秋の長雨が重なったり。
病害虫の影響を受けたりもする。
そう言った影響を最小限に止め安定した収穫を得るために現代農業は、発展してきた。
私の行っている農法では、自然に起こった事は仕方がないと諦める事も多い。

被害を回避する近代的な手段が有るにもかかわらず諦める方を選択する理由を若い者にどの様に理解させようかと思う事が有る。
野菜には、その季節により「走り」・「旬」・「名残」が有る。
少し先取りするのが「走り」。
「旬」は、「盛り」とも言えるかな。
「名残」は、別れを惜しみながらも又来年の再開を楽しみに待つ。

着物の世界では、季節を少し先取りした図柄を着るのが粋で先取りし過ぎたり年中同じ物は、野暮である。
やせ我慢かもしれないが小粋な野菜作りをしていると理解しておこうかな。
粋な心が環境悪化を止める手段になるかもしれない。

田中真弥.jpg