お知らせ・ブログNEWS & BLOG

生産者日記

こころ野便り 種バエ

4月に収獲予定だった新玉ねぎの生育が非常に悪かった。
ほぼ全滅状態。
かろうじて生き残った株を抜き取ってみると膨らみかけた玉の部分に穴があけられ中に種バエの幼虫が侵入していた。
おそらく他の株も種バエの幼虫の食害で枯れてしまったのだと思う。
自家発酵肥料を使うようになってから被害は激減していた。
しかし全くゼロではなかった事も事実。
彼らにとって好条件が整えば一気にその数を増やす。
どんな要因で好条件が揃ってしまったのか考える必要は有るが、
殺虫剤を使わず被害を抑制すると言う考え方は、
ウイルスのパンデミックにおける三密を避けると言う考え方とよく似ているが
畑での野菜の密集はなかなか避けがたい。


田中真弥.jpg