お知らせ・ブログNEWS & BLOG

生産者日記

こころ野便り 早い

月日の流れるのは早い。
年々早くなるのは、1年を年齢で割ると1歳の赤ん坊は、
1年が一生分の長さになり50歳だと50分の1、
80歳だと80分の1と言う様に段々と加速するからだと思っていた。
でもこの間、毎日同じ事をしているから早く感じるのだと聞いた。
良くも悪くも新しい刺激が無いと早く感じるという事なのかな。
でも毎日同じことを繰り返してはいるが決して退屈ではない。
梅棹忠夫の進歩し続ける事がどんなに厄介な事か。
もし進歩しないで済むならどんなに救われるだろうと言う言葉がふと思い浮んだ。
毎日同じ事を繰り返せることが幸せなのだと思う。
だとすれば、月日の流れるのが早く感じるという事は、
今が、幸せなのかもしれない。

田中真弥.jpg