お知らせ・ブログNEWS & BLOG

生産者日記

こころ野便り さくら

近所の公園の桜が12日に数輪咲いた。
昨年より1週間以上早い気がする。
さくらのさは、早苗のさ。くらは、神がお座りになる場所と言う意味らしい。
稲作の神が桜の木に降りてこられると花が咲き始め、その年のお米作り開始の合図になったらしい。
しかし昔は、ソメイヨシノの標準木が有ったわけではないのでその地域の代表的な御神木の桜が有ったのだろう。
早苗の神様は、優しく繊細な神様で環境が悪化するといつの間にか居られなくなる。
神様をお守りするという事は、自然環境を守るという事と同じ意味だと思う。

田中真弥.jpg