お知らせ・ブログNEWS & BLOG

生産者日記

こころ野便り 農業について思う事 その②

一八歳で就農したが、親子三人で毎日・毎日葱の皮むき作業は退屈だった。
町に程近い畑では、自然を感じる事もあまりなく世の中は、バブル景気に向かおうとしていた。
近所の年寄りに「あんた若いのに偉いなぁ。」と言われた。
でも褒められている気はしない。
若者の就農者は減る一方で同級生の就農は、皆無。
自動的に入会した農協の青年部は、私が、最年少で二番目は、十歳年上しかも二年後には、解散が決まっていた。
皆には、とても可愛がってもらったし良く皆で遊んだ。
でも農業は、退屈だった。

二年が経ち。
二つ下の弟が、植木屋に就職が決まり住み込みの修行生活が始まったがほどなく辞めたいと帰ってきた。
何が有ったのかは知らないが、「世の中って?」と思った。
俺も一度親元を離れてみよう出来れば厳しくて遠いところの方が良い。
退屈からも逃げたかった。
心底やりたいと思う事を見付けたい。
そんな気持ちだった。
農業離れが、加速する時代に農業を志す私には農業に対するときめきが必要だった。
少年時代には、持っていたはずの。

田中真弥.jpg