お知らせ・ブログNEWS & BLOG

生産者日記

こころ野便り 農業について思う事 その14

中山峠を函館方面に下って来ると蝦夷富士と言われる美しい形の羊蹄山が見える。
標高は、約1900m一度仲間と登ったことが有る。
洞爺湖では、以前職場旅行や休暇で仲間たちと泊まったホテルに宿泊した。
北海道での生活がもう懐かしく思え始めあれやこれやと思い出していた。

翌朝昭和新山や有珠山を見ながら峠を越えると広い広い噴火湾に出た。
噴火湾のふちを回るのに3日ほど掛かった。
すっかり体は旅になれ快調に歩みも進む。
札幌で新しい靴に履きかえてから足のマメも出来なくなった。道具でこんなにも違うのかと思った。

靴は,大事。と思ったが、わらじを履いて旅をしていた時代にも思いをはせる。
楽をする為の旅ではないのだから。
噴火湾を背にして駒ケ岳・大沼公園を過ぎるといよいよ函館。
来春に廃止される青函連絡船に乗る。
接岸した船には、レールが接続され列車がそのまま乗り込む。

私が、夏にこの旅を計画し始めた頃完成した青函トンネルを歩くイベントが行われた。
それに合わせて日本縦断の旅をした人もいたと聞く。
出航は、10月23日の夕暮れだった。
いよいよ北海道を離れる。
夜景で有名な函館の街が遠ざかると海峡は真っ暗だった。

田中真弥.jpg