お知らせ・ブログNEWS & BLOG

生産者日記

こころ野便り 農業について思う事 その19

新潟県に入った。
国道7号線は、8号線に接続した。
知った道である。滋賀県は琵琶湖の南まで続く道だ。
この旅も残り3分の1車なら片路圏内に入った。
富山県までは、過去に旅行したことが有ったので新潟県までが全く知らない土地という事になる。

この頃になると足首時々傷むことは有ったけれど歩き旅に体は、すっかり慣れてしまい歩く旅に少々退屈していた。
単調な徒歩の旅に何か刺激がほしい。
この旅の最後のイベントを考え始めていた。
それは、京都に入る際福井県の小浜市から京都へと続く鯖街道と言う山間部の古道を1日で踏破すると言うものだった。

いくつかのルートが有るが最短の山道が約72km。
車が通る道なら約100km。
旅を始めた頃なら全く考えもしなかったが今なら出来ると思う様になっていた。
昔の人は、若狭の海で取れた鯖に塩をして背中に担いで山を越え京都に着いた頃ちょうど良い塩加減になっていたらしい。

京都では、ハレの日に鯖寿司を作るが人の足で運んだ若狭の鯖がそのルーツである。
そんな事を考えながら平らで長い新潟県を歩き「期が熟せばステップアップも出来る」と思えるようになった。
すり減った靴を3足目に履きかえる。

自転車通学の学生が「おはようございます」と挨拶をしてくれる気持ちの良い所だった。

田中真弥

田中真弥.jpg