お知らせ・ブログNEWS & BLOG

生産者日記

こころ野便り 農業について思う事 その20

富山に入った。
親不知子不知と言う昔の旅の難所が有る。
立山連峰が日本海に落ち込むところだ。

崖を削り張り付くように造られた国道は、落石防止の為コンクリートの屋根が付けられている。
急カーブの連続する道は、大型車がセンターラインを越えて車体をうねらせる。
歩道は無い。怖いがそこしか道が無い。
親不知子不知のパーキングエリアから海岸に降りることが出来た。

昔の道を通ることが出来るかもしれないと海岸まで降りてみた。
波は、崖まで打ち寄せている。
引き潮の時にかろうじて通れる様だったが国道の方がまだましに思えたのでまた戻った。
未だに交通の難所だなと思ったが建設中の海上に突き出た北陸自動車道の大掛かりな工事現場を真横に見て歩いた。

富山・石川・福井・滋賀は、何れの県も駐屯地での宿泊予定になっていた。
ルート上に有る自衛官の自宅での宿泊を申し出て下さった方も有り
「鯖街道を通りたい。」と言い出せなくなってしまった。
所属していた部隊の中隊長からも連絡が有り各駐屯地で迎える準備をしているから必ず寄って欲しいと
言われてしまいこの旅を締め括る一大イベントは、またの機会に譲ることにした。

富山では、見た事のある運送会社の大型トラックの運転手が、
「これから京都まで荷物を運ぶが乗って行かないか。」と声を掛けてくれた。
これに乗せて貰えば今日中に京都につくなと思いながら丁重にお断りしてまた歩き始めた。
鯖街道へのチャレンジは、34年経った今もまだ実現していない。
農業経営や子育てに一所懸命で長い事忘れてしまっていたがある時ふと思い出した。
それからあの旅が、まだ途中の様な気がしている。

期が熟せば次の世代にバトンを渡す時の区切りとしてチャレンジしたい。

田中真弥

田中真弥.jpg