現地レポートLOCAL REPORT

大阪府岸和田市

米麦館タマヤ本社工場

VISIT DATE : 2016/05/09

今回は店頭でも人気商品の「タマヤパン」でお馴染みの米麦館タマヤさんの工場見学に行ってきました。京都から車で1時間半ほどの大阪府の岸和田市にタマヤさんの工場が有ります。

写真1.JPG

工場に入る前には専用の白衣、帽子、マスクを着用し強力なエアーで全身の埃などを落として工場の入口に入ります。さらに入口手前で粘着ローラーにて全身の埃チェックをした後、決められたルールの手順で手洗いを終えると、いよいよ工場内へ入ることができます。「衛生面には特に力を入れている」と工場を案内してくださった担当の方もおっしゃられていました。

写真2.JPG

やっと入ることができた工場内で一番最初に思ったことは、あれ?想像していたようなバターや甘くて香ばしい香りがあまりしない!想像ではパン屋さんに入った時のような香ばしさや甘い香りがすると思っていたのですがどうも違う・・・なぜ!?そう思っていると担当者さんから「あまり香りしないでしょ?」との問いかけが!その理由はというと「タマヤでは香料を使用した原料を使わない為、パン屋さん独特の強い香りがなく、小麦やバターが焼ける香りがほのかに香る程度なんですよ。」なるほどー!!それを聞いて納得!

タマヤパンの工場の最大の特徴は職人さんを含むスタッフの多さにあります。
つまり、工場とはいえ中身は職人の手でパンを作るパン屋さんなのです。各工程において熟練のスタッフによる手作業がタマヤパンの美味しいパンを作り続ける事の出来る秘密なのです!

写真3.JPG

美味しさの秘密はそれだけではありません♪
原料である小麦は指定の工場で製粉されたタマヤのオリジナルブレンド!
「原料の在庫も2日で使い切る分量のみを仕入れ、常に新しい原料を入荷するように心掛けている」とのこと。

写真4.JPG

今回の工場見学で衛生面等の安全面、商品へのこだわり、美味しさの秘密が感じ取れました!
今後はお客様からの要望も取り入れ、更に美味しくて新しい商品も開発していくとのことですので新製品も要チェックですね♪

現地レポート一覧へ